新着情報ページ

遺言書・遺産目録作成のすすめ2011年08月31日

 相続というと,多くの方のイメージでは「縁起でも無い」とか「うちの家族に限ってもめ事を起こすことはない」とお考えの方が多いと思います。
 もちろん,残された家族がもめることなく円満に相続が行われることが最善です。
 しかし,相続ではなく「争続」と書くというジョークがあるように,現実には相続手続きがうまくいかず,争いが続いてしまう場合も少なからずあります。
 相続争いで多いトラブルとしては,相続分や具体的な相続の内容(誰が何を相続するか)を巡るもののほか,
いったい「相続財産として何があるのか」「相続人の一人が相続財産を勝手に私物化しているのではないか」という,相続の範囲を巡るものが多いように思います。
 これらのトラブルを回避する手段として有効なのは遺言書の作成です。
最近は遺言書の作成も一般的になってきましたが,法的に有効な遺言書となると,その様式や内容に一定のものが求められ,簡単に作るというのは難しいものです。
 しかし,遺言書はご家族に自分の気持ちや願いを伝える手段です。
 難しいからといって作らないのではなく,節目節目に作成しておくことが,結局は紛争を予防するだけでなく,何かあったときにご家族が安心できる材料を残すことになると思います。
 また,「遺言書まではちょっと・・・」と思われる方でも,財産の一覧表をまとめておかれてはどうでしょうか。
自分の財産や大事にしているものでも,家族は意外とその内容や所在を知らないものです(特に現金や動産・有価証券)。
きちんと伝えられるうちに,後々の紛争を防ぐ意味でも,家計簿をつけるようにまとめておかれてはいかがでしょうか。
 もう一つ相続で多いトラブルとしては,被相続人が亡くなられてから長時間が経過した相続です。
10年一昔と申しますように,時間が経つとどんどん相続人の状況も変わり,相続関係が複雑化するだけでなく,資料も無くなってしまいます。
 「亡くなられた直後に相続の話をするのもちょっと」というお気持ちもあると思いますが,四十九日や百か日の法要の際など,節目節目に親族が集まった際,相続の話をされることが,結局は無用なもめ事を防ぐ結果になると思います。
 相続は亡くなられた方の財産を引き継ぐだけでなく,「思い」や「気持ち」を引き継ぐ手続きだと思っています。
 それだけに,相続問題で長い期間争うことは,当事者の方々のご負担はもちろん,亡くなられた方の思いや気持ちも引き継がれないままになってしまうのではないでしょうか。
 相続問題は紛争になることなく,円満に解決することが最善ですが,そのためには事前にしっかり考えておかないといけません。
 当事務所では遺言書の作成を含む相続に関するご相談も承っております。
 お気軽にお問い合わせください。

安愚楽牧場110番のお知らせ2011年08月25日

佐賀県弁護士会では,民事再生手続き中の「安愚楽牧場」の出資者からのご相談について,下記の日時で110番を実施します。
東京商工リサーチによると、オーナー制度を利用した県内の出資者は248人、出資額は総額10億8300万円で1千万円以上の出資者は29人とのこと。
電話相談では、2~3人の弁護士が今後の見通しや対処法などをアドバイスする予定です。

安愚楽牧場については,再生申立手続の適否や,会社の財務状況の透明性の問題,出資者(債権者)への弁済の問題など,多数の問題を抱えていると思います。
今後の被害者救済のためにも,まずは被害実態の把握が必要です。
まずは110番へお電話ください。

実施日時 2011年8月27日(土) 午後3時30分~午後5時30分
電話番号 0952(24)3411(佐賀県弁護士会)

参考記事
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2033270.article.html


(2011.8.31追記)
110番には2時間で10件の問い合わせがあったようです。
2回線での実施だったため,つながらなかった方もおられるかもしれません。
当事務所では,今後も安愚楽牧場の問題を検討していく予定です。

B型肝炎訴訟に1人でも多くの被害者の参加を!2011年08月18日

B型肝炎は、B型肝炎ウイルス(HBV)の感染によって起こる肝臓の病気です。
 一般に、成人が初めてHBVに感染した場合、そのほとんどは「一過性の感染」で治癒し、臨床的には終生免疫を獲得し、再び感染することはありません。
 他方、乳幼児期(0~6歳)にHBVに感染した場合、HBVを異物と判断できずにHBVに持続感染してしまいます。
 ところで,注射針を使い回したり、注射針を取り替えても筒を換えないまま回し打ちをしたりすると、肝炎が蔓延することは戦前から知られていました。
 しかし,厚生省は、この事実を十分に認識していたにも関わらず、またWHOから勧告を受けていたにも関わらず、費用やわずかな手間を惜しんで、昭和63年頃まで予防接種における回し打ちを黙認し続けてきました。
 厚生省は、このようなウイルス感染の危険性のある集団予防接種を、法律によって全ての国民・住民に戦後40年間強制した結果、現在の多数の被害者を生じさせたのです。
 この予防接種におけるB型肝炎被害について,平成18年6月に国の責任を認める最高裁判決が下され,また平成23年6月28日には、B型肝炎訴訟の原告団・弁護団と国との間で、B型肝炎被害者に対して国が正式に謝罪し、被害者を和解によって救済する基準などを定めた「基本合意」が成立しました。
 しかし,現時点では基本合意に基づき救済を受けるためには,訴訟を提起し,所定の要件を満たすことを証明する必要があります。そのためには,まず弁護団にご相談いただき,ご相談者が提訴のための所定の要件を満たすか,及び要件を満たすことの証拠があるかについて,検討させて頂く必要があります。
 当事務所も,全国B型肝炎九州訴訟弁護団・佐賀弁護団に所属し,1人でも多くの被害者の救済に向けて尽力しています。
 B型肝炎訴訟は,今後も随時提訴が行われます。多くの被害者が声を上げることで,訴訟を前提としない,被害者全体の救済に繋がります。
 是非多くの被害者の皆様の,原告団へのご参加をお願いいたします。
 お問い合わせは,全国B型肝炎九州訴訟弁護団・佐賀弁護団(佐賀中央法律事務所内 TEL:0952-25-3121,受付時間 毎週水曜日午後6時~午後8時)までお電話下さい。
(参考リンク)
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
厚生労働省

武富士の会社更生2011年08月09日

消費者金融大手の(株)武富士が 会社更生法の適用を受け,更生手続きを行っていることは,皆様も報道等でご存じのことかと思います。
武富士は,これまで利息制限法を大きく超える高金利での貸付を行っており,武富士と長期間の取引の結果,いわゆる「過払金」債権を有する顧客も,報道によれば200万人にのぼる,と言われています。
 この武富士について,最近,管財人より更生計画案が出されています。計画案では,過払金債権者に対する配当は,債権額の3.3%とされています。100万円の過払金がある債権者でも,3万3000円しか支払われない,ということです。
 他方で,武富士の会社更生については,更生計画案の案内が,「計画案に賛成」するよう誘導しているかのごとき体裁であることや,今後の追加配当の見通し,あるいは武富士の更生計画が頓挫した場合の見通しなどの説明が十分になされておらず,多数の債権者が,その内容に大なり小なり疑問をもたれているものと思われます。
 また,そもそも武富士の会社更生手続きは,会社更生の申立代理人が,そのまま管財人に就任していることや,スポンサーの決定経緯に不明朗な点があるなど,手続き面においても疑問が呈されているところです。
 さらに,顧客の犠牲の下,利益を享受した創業者一族や元経営者の責任もあいまいな状態にとどまっています。
 当事務所としては,これまでも多重債務に苦しまれている方の経済的再建を目指して業務を行っていましたが,武富士の不透明な再生手続きは,「過払金返還」を回避するため,と考えざるを得ず,武富士の現在の更生手続きに関しては,極めて問題があると考えております。
 当事務所は多重債務相談について,相談料を無料としておりますが,武富士関係のご相談につきましても,相談料無料でご対応させて頂きます。
「武富士から書面が来たが,どう対応して良いかわからない」
「武富士以外の消費者金融とも取引があったが,これを機会に整理したい」
等のお悩みがありましたら,お気軽にご相談ください。
copylight